『福音宣教』2月号
A5判 72ページ
ISSN0910-7118
『福音宣教』次号予告
2017年3月号予告は1月末です。
キリストを伝えるカトリック月刊誌
福音宣教
2017年 年間テーマ
みことばを生きる
信仰を養うためのヒントを分かち合い、
社会を福音の価値観から見つめ直すための
特集・連載記事をお届けします。
福音宣教 2017年のご案内
月刊・毎月15日発行 年間11回(8.9月合併号)
1部定価:本体500円+税 送料別
年間購読料(税・送料込)
国内6300円、海外船便6800円

航空便第1地帯(アジア)8100円
航空便第2地帯(欧州・北米)8800円
航空便第3地帯(アフリカ・南米)9600円


(皆さまのご意見ご感想をお寄せください)
  オリエンス宗教研究所へご注文 クレジットカード・コンビニ払い  

 2017年2月号 


つうしん から
つうしん
◇英隆一朗師と、平野克己師の対談二回目は、これからの教会の希望が主なテーマです。周囲から変だと思われることを恐れず、現代に迎合せずキリスト者を生きるありかたについて語り合ってくださいました。
◇フォーラムは、思想家柄谷行人氏の「憲法九条と『神の国』」と題された講演の記録二回目です。アウグスティヌス『神の国』から近代、憲法九条まで流れている平和思想の歴史についての考察です。
◇今月のテーマは「信仰の証し」。現在も継続して震災後の支援を行っている鈴木キミ子氏から、被害にあわれた人々に寄り添うさまざまな思い、辛さ、また、恵みへの喜びの声をお届けいただきました。また、カトリックの教会建築に携わる内藤徹男氏から、ご自身の設計の精神と、その骨組みを成している信仰の思いに関して、また、松浦謙師からは、人生の大半をベッドの上で過ごしながらも、神と人への愛の実践に生き抜いた人、村井幸男さんの思い出をお寄せいただきました。松浦師ご自身、村井さんを訪ねていくと、いつも不思議に心が洗われ、穏やかな気持ちになったと語っておられます。
◇連載一つ目は有沢螢氏の随想、今月は子どものころの懐かしく、のびのびとした神さまへの思い出を散文と短歌で表現していただきました。二つ目、「オリエンス典礼セミナー」第二回目は、嘉松宏樹師による信仰教育と入信準備についてのお話です。キリストに出会う手助けをするという大切な役割についてご解説いただきました。三つ目は、幼きイエスの聖テレーズについての連載です。今月も引き続き中川博道師に、ご自身のテレーズとの出会いの思い出から「幼子」であるということの意味についてのお話を頂載いたしました。四つ目小林由加氏のエッセイ、今月は子どもたちの、イエスへのリアルで元気な想像力をうかがい知ることができるエピソードをご紹介いただきました。
◇本号より新連載、竹田文彦氏の「福音を生きる」を開始いたしました。暗く、混迷を深めている世相の中、まさに今、思い起こすことが求められる、アシジの聖フランシスコの霊性とその現代的な意義についてシリーズでご解説いただきます。
◇「生活の中に福音が響く」、今回は奈切秀明氏に、聖書の朗読箇所と合わせて、ご自身の失業や宗教科の教員生活の経験の中に垣間見えた信仰の光と思い出の数々をご執筆いただきました。
◇今月も皆様にご愛読いただきまして心より感謝申し上げます。

巻頭言

◆信仰の証し
  阿部慶太

年間特別企画 これからの社会と宗教を考える

◆対談  Ⅰ-2 へんてこな日本人、普通の日本人
  英 隆一朗+平野克己

フォーラム

◆憲法九条と「神の国」(下)
  柄谷行人

月間テーマ 信仰の証し

◆3・11からの支援活動を通して
  鈴木キミ子
◆主御自身が建ててくださるのでなければ…
  ――カトリック建築に携わって
  内藤徹男
◆五三年間をベッドの上で
  ――神と人への愛に生きた人
  松浦 謙

連 載

◆虹の生まれるところ②
  春の湖
  有沢 螢
◆福音を生きる
  ――現代社会とアシジの聖フランシスコの霊性①
  フランシスコの霊性を学ぶ意味
  竹田文彦
◆神さまって……子どもたちとの対話②
  イエスさまが家に来るのはちょっとこまる!
  小林由加

リレー連載

◆オリエンス典礼セミナー
  教会共同体を活かす秘跡
  ――求道者とともに歩むために②
  聖書による入信準備、信仰生活への導き
  嘉松宏樹
◆今、再び出会うリジューの聖テレーズ②
  「小さき道」
  ――「幼子」への戸惑い
  中川博道
◆生活の中に福音が響く⑭
  ――年間第5主日~年間第8主日
  それでも、それでも、認めてくださる神
  奈切秀明

◆つうしん
バックナンバー(著者・記事一覧)
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
 
↑このページのTOPへ