『福音宣教』6月号
A5判 72ページ
ISSN0910-7118
『福音宣教』次号予告
2016年7月号予告は5月末です。
キリストを伝えるカトリック月刊誌
福音宣教
2016年 年間テーマ
神の国の幸い――「真の喜び」に出会う
信仰を養うためのヒントを分かち合い、
社会を福音の価値観から見つめ直すための
特集・連載記事をお届けします。
福音宣教 2015年のご案内
月刊・毎月15日発行 年間11回(8.9月合併号)
1部定価:本体500円+税 送料別
年間購読料(税・送料込)
国内6300円、海外船便6800円

航空便第1地帯(アジア)8100円
航空便第2地帯(欧州・北米)8800円
航空便第3地帯(アフリカ・南米)9600円


(皆さまのご意見ご感想をお寄せください)
  オリエンス宗教研究所へご注文 クレジットカード・コンビニ払い  

 2016年6月号 


つうしん から
 平成28年熊本地震により、お亡くなりになられた方々に深く哀悼の意をささげますとともに、被災された多くの皆さまに心よりお見舞い申しあげます。
◇年間特別企画「証しの人・ユスト高山右近」は、髙橋敏夫師とレンゾ・デ・ルカ師の対談第二回を掲載いたします。今回は右近ゆかりの茶道具の話が展開されます。また五月下旬から東京・目白台の永青文庫では、右近が細川忠興に送った「日本訣別の書状」が公開されます。ご興味のある方は、足を運ばれてみてはいかがでしょうか。
◇森岡正博氏のオリエンス・セミナーでの講演録一回目を掲載します。「ゆるし」を手がかりに、宗教者と無宗教者をいかにしてつなげていくかを考察していく内容で、今回は難民受け入れ、そして死刑制度に言及されました。
◇フォーラムでは、永井隆博士の「原爆は摂理」発言をめぐって、下窄英知師がその背景を解説してくださいます。浦上の歴史やキリスト教用語の独り歩きという現実を踏まえながら、弱者の思いを封じることなく、自由闊達な議論の大切さを強調されています。
◇今月の特集は「開かれていく喜び」です。光延一郎師にはキリスト者と政治とのかかわりについて論じていただきました。イエスの行動、教皇の「出向いて行きましょう」という言葉を通して、神と出会うために内から外へ出ていく必要性を述べられます。また、ベトナムからの元難民で、現在は日本で医師として活躍されている武永賢氏は、ある「不法滞在者」のエピソードをお伝えくださいます。難民問題は遠い国の話ではなく、今、私たちの身近で起こっていることだと切実に認識させられます。歌舞伎役者の家庭に生まれ育った片岡玉江氏は、ご自身の歩みとご家族との思い出を語ってくださいました。当初はキリスト教に対して猛反発をされていたお父さまが、しだいに受け入れてくださる過程は、まさに神さまが一つひとつ道を開いてくださったものと胸打たれる思いです。
◇連載では、信仰に篤いガーナのカテキスタについて菊地功師が、経済性と社会性をともに兼ね備える企業とはどのようなものかを神谷秀樹氏がご紹介くださいます。パリ外国宣教会の神父さまのご尽力でできた教会も多いと思いますが、その創立について坂野正則氏が、モーツァルトが「自分の息子」と称してハイドンに贈った曲について森裕子氏がお教えくださいます。「生活の中に福音が響く」では、広島教区の服部大介師が「いつくしみの特別聖年」を意識しながら、その真摯な思いをおまとめくださいました。

巻頭言

◆開かれていく喜び 
  矢吹貞人

年間特別企画 証しの人 ユスト高山右近
                 ――列聖列福に向けて⑥

◆対談 消されてしまったキリシタンの記憶
  レンゾ・デ・ルカ×髙橋敏夫

オリエンス・セミナー

◆宗教なき時代における「宗教性」
  ――「ゆるし」を手がかりに(上)
  森岡正博

フォーラム

◆永井隆の「原爆は摂理」発言をめぐって
  下窄英知

月間テーマ 開かれていく喜び

◆信仰者として社会に開かれていく
  ――キリスト者と政治のかかわり
  光延一郎
◆難民として思うこと
  武永 賢
◆痛みの奥にある愛と喜び
  片岡玉江

連 載

◆「真の喜び」に出会った人々⑥
  自分の時間を犠牲にして
  菊地 功
◆聖フランシスコの「清貧」の精神と現代社会⑥
  事業を行う際の「社会性」「経済性」「持続性」
  神谷秀樹
◆重なりあう軌跡・響きあう信仰
  ――近世フランス史への招き⑥
  パリ外国宣教会の創立
  坂野正則
◆[司祭リレー連載]生活の中に福音が響く⑥
  ――年間第10主日~年間第13主日
  神のいつくしみの中を歩む者として
  服部大介 
◆主に向かって新しい歌を歌おう
  ――モーツァルトの音楽に伴われて⑥
  モーツァルトの「親愛な友」
  森 裕子

◆つうしん