『福音宣教』3月号
A5判 72ページ
ISSN0910-7118
『福音宣教』次号予告
2017年4月号予告は2月末です。
キリストを伝えるカトリック月刊誌
福音宣教
2017年 年間テーマ
みことばを生きる
信仰を養うためのヒントを分かち合い、
社会を福音の価値観から見つめ直すための
特集・連載記事をお届けします。
福音宣教 2017年のご案内
月刊・毎月15日発行 年間11回(8.9月合併号)
1部定価:本体500円+税 送料別
年間購読料(税・送料込)
国内6300円、海外船便6800円

航空便第1地帯(アジア)8100円
航空便第2地帯(欧州・北米)8800円
航空便第3地帯(アフリカ・南米)9600円


(皆さまのご意見ご感想をお寄せください)
  オリエンス宗教研究所へご注文 クレジットカード・コンビニ払い  

 2017年3月号 


つうしん から
つうしん
◇寒さは依然、厳しいですが、時折いつもより暖かい陽が差し、春の兆しが感じられます。主の復活のお祝いに向けて心を整えてまいりたいと思います。
◇英隆一朗師と、平野克己師の対談は今回で三回目。カトリック、プロテスタントそれぞれの立場から、人間の理解を超えた神様の働きを語る説教についてお話し合いいただきました。
◇今号から二回にわたって、イスラーム法学者、中田考氏によるオリエンス・セミナーでの講演記録を掲載いたします。今回は、イスラームでは宣教が届いていない人々の救済がどう理解されているかについてのお話です。
◇フォーラムでは、折に触れて掲載しているイシドロ・リバス師と伊藤暢彦氏、芦塚克英氏による、師匠と弟子との親密な語らいです。今回は闘病中、リバス師を支えた「イエスのみ心」の信心について話に花が咲きました。
◇今月のテーマは「弱さを支え合う」。一つ目は丹木博一氏に、人間が生まれ、成熟する場所としての「弱さ」に伴う苦しみと、人への依存の中で育つ自立性に関して解説していただきました。二つ目は、相模原事件の背景と考えられる、現代日本に蔓延する差別・選別の思想についての野崎泰伸氏による考察です。三つ目は四旬節にあたって土居由美氏に、感情の深い共有から行動に至る悔い改めの道を福音書から示していただきました。
◇巻頭の有沢螢氏の随想、今回は雛人形にまつわる思い出から、女性や記憶を話題に取り上げ、おまとめくださいました。「オリエンス典礼セミナー」では、A・V・カンペンハウド師に、堅信の豊かな恵みについて聖書と教会の歴史をひもといてご説明いただきました。リジューの聖テレーズをテーマとしたリレー連載では、中川博道師の最後の回です。アビラの聖テレジアと十字架の聖ヨハネの霊性の絆に育まれ開花した、聖テレーズの二一世紀的霊性の道について解説してくださいました。小林由加氏のエッセイでは、心が揺れ動く中で試行錯誤し、成長していく子どもの信仰についてのエピソードをご紹介いただきました。「生活の中に福音が響く」では、佐藤大氏がご自身のご経験と信仰体験をイエスの苦しみと重ね合わせ、四旬節を迎える心の準備を分かち合ってくださいました。
◇竹田文彦氏の連載「福音を生きる」は、諸般の事情により中止させていただくことになりました。読者の皆様方には心からお詫び申し上げます。なお、次号からアシジの聖フランシスコに関する新たな連載をスタートする予定です。どうぞご期待ください。

巻頭言

◆小さな聖地巡礼
  矢吹貞人

年間特別企画 これからの社会と宗教を考える

◆対談  Ⅰ‐3 人間性を超えた神の働きを語る
  英 隆一朗+平野克己

オリエンスセミナー

◆イスラームにおける救済の境界と
  異教徒との共存(上)
  中田 考

フォーラム

◆鼎談 「イエスのみ心」の信心について
  イシドロ・リバス+伊藤暢彦+芦塚克英

月間テーマ 弱さを支え合う

◆いのちが通い合う場所としての「弱さ」
  丹木博一
◆相模原事件が私たちに問いかけるもの
  野崎泰伸
◆イエスの受難の時、「四旬節」に向けて
  土居由美

連 載

◆虹の生まれるところ③
  春の湖
  有沢 螢
◆神さまって……子どもたちとの対話③
  ミサに行きたくない!
  小林由加

リレー連載

◆オリエンス典礼セミナー
  教会共同体を活かす秘跡
  ――求道者とともに歩むために③
  堅信の秘跡の豊かさ
  アンドレ・ヴァン=カンペンハウド
◆今、再び出会うリジューの聖テレーズ③
  聖テレーズと共に新千年期を……
  中川博道
◆生活の中に福音が響く⑮
  ――灰の水曜日~四旬節第4主日
  イエス様の苦しみに祈りを合わせて
  佐藤 大

◆つうしん
バックナンバー(著者・記事一覧)
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
 
↑このページのTOPへ