本文へスキップ
 
WWW を検索 本サイト内 の検索

月刊 福音宣教

最新号 1月号


キリストを伝えるカトリック月刊誌 福音宣教
2023年 年間テーマ 
かけがえのないいのちに出会う
信仰を養うためのヒントを分かち合い、 社会を福音の価値観から見つめ直すための 特集・連載記事をお届けします。

福音宣教 
月刊・毎月15日発行 年間11回(8.9月合併号)
1部定価:660円(税込) 送料別


年間購読料(税・送料込)
国内7500円、海外船便8000円
航空便第1地帯(アジア)9500円
航空便第2地帯(欧州・北米)10200円
航空便第3地帯(アフリカ・南米)11100円


〇今月の内容はこちら
○定期購読のご案内
○2023年のご案内

※表紙画像をクリックすると拡大して表示されます。


●バックナンバー(各号目次)のご注文はこちら

●富士山マガジンサービスからご注文
(クレジット・コンビニ払いをご希望の方)

  

2023年1月号の内容

つうしん
 主のご降誕おめでとうございます。日本のカトリック教会では待降節第一主日から新しい典礼がスタートしました。この機会に私たちも気持ちを新たに学んでまいりたいと思います。
◇巻頭特別企画「憲法とキリスト教」と題し、南野森氏、森島豊氏、久保文彦氏をお招きしての座談会です。憲法改正について議論されている昨今ですが、憲法とキリスト教の共通点を探り、双方への理解を深めていくための話題が展開していきます。
◇世のメタファーを読む 不定期にお届けしている濱田欧太郎師によるこのエッセイ、今回は出エジプトと六〇年代の名作映画『イージー・ライダー』などを重ねて考察されています。
◇月間テーマ チーム・ミニストリーの実践例を三本特集いたしました。
 以前、仙台教区でチーム・ミニストリーに信徒として携わってこられた(本誌二〇一五年一〇月号の月間テーマに寄稿)赤井悠蔵氏に、今回はそもそも真のチームとはいったい何なのか、その原点を考察していただきました。
 一五年以上にわたって北海道・旭川市内チーム・ミニストリーを実践してこられた、間野正孝師にインタビューを行いました。
 四年前から始まった東京教区カテキスタのチームによる入門講座について、編集部でまとめました。養成講座の運営担当の猪熊太郎師へのインタビューも併せて掲載しています。
◇新連載 教皇フランシスコによる典礼に関する使徒的書簡 Desiderio desideravi(切に願っていた)についての、フランコ・ソットコルノラ師による連載が始まります。典礼の原点は何か、教皇による力強い言葉から学びましょう。
 栗田隆子氏とともにフェミニスト神学を学ぶための新連載、第一回は、その基本、フェミニズムとは何かについて考えていきます。
 昨年度「イエスとの出会い」を連載された本多峰子氏による聖書を扱った新連載が始まります。本年度は「イエスのたとえ」がテーマです。
 萩原千加子氏企画の「祈りがないと生きていけない」、祈りの方法や伝統、親しみ方について、毎回異なった執筆者にご登場いただきます。
 一人ひとりの信仰体験を分かち合っていただくリレー連載「私とイエスとの出会い」がスタートしました。
 昨年度「ヘブライの言葉、キリストの物語」を執筆された高橋洋成氏による連載、本年度は「ヘブライの言葉、イスラエルの物語」として新たに開始いたしました。


■今月号の目次(記事紹介)はこちら

■ご購読のお申込みはこちら


2023年のご案内

年間テーマ
かけがえのないいのちに出会う
 月刊『福音宣教』は、イエスの行いとことばを手がかりに、現代を取り巻く状況を考え、喜びをもって生きるヒントを多様な観点から提供していきます。わたしたちは、どこから来てどこへ向かおうとしているのか。喜び、悩み、困難、そして苦しみの時―キリストと共に、この世界を歩むためのヒントを提供いたします。
巻頭特別企画

 
これからの教会と社会を考える

南野森(憲法学者)×森島豊(神学者)×久保文彦(聖書学者)
改憲への動きが話題となる昨今、憲法とキリスト教をめぐっての座談会を企画しました。気鋭の憲法学者、神学者、聖書学者が、それぞれの分野からの知見を披露し、憲法に込められている精神、その核とは何かを中心に、忌憚のない意見交換を行っていきます。

新連載

使徒的書簡Desiderio desideravi(切に願っていた)を読む
――教会の活動の頂点であり源泉である典礼について 

フランコ・ソットコルノラ(日本カトリック典礼委員会顧問)

二〇二二年夏に発表された、教皇の典礼に関する最新の使徒的書簡を解説していきます。第二バチカン公会議の典礼改革から生まれた聖体祭儀の重要性を再確認し、イエスの愛から流れ出ている教会の活動の頂点であり源泉である典礼について、その素晴らしさを再発見するよう語りかけます。
栗田隆子と、フェミニスト神学に学んでみよう!
栗田隆子(文筆家)

フェミニスト神学は、文化・社会制度の中で虐げられ、排除されてきた女性の復権運動として続いています。現在は、歴史分析や、多様な文化的、哲学的な側面での女性の視点に立った理論の構築、文学におけるフェミニスト批評なども含み、新たなキリスト教理解を提示するものともなっています。今回の連載では、フェミニスト神学の発展の経緯、概要を紹介しながら関連書籍を取り上げていきます。
イエスのたとえ――生きる希望のしるべとして 
本多峰子(聖書学者)

イエスのたとえについて、当時の状況を踏まえながら、最新の新約聖書学の成果に基づき考えていきます。イエスに由来するメッセージを注意深く読み分け、本来そこに込められていたであろう意味をあぶり出し、探っていこうとする意欲的な連載です。
ヘブライの言葉、イスラエルの物語 
高橋洋成
(よな)(セム語〈ヘブライ語〉学者)
聖書にまつわるためになる小話を中心にお届けする、ヘブライ語学者によるエッセイ。記録が残されている人類最古の言語群の1つであるヘブライ語やアラム語、セム語系の専門家である著者が、一つ一つの言葉に込められたニュアンスを読み解きながらイスラエルの信仰に肉薄していきます。
リレー連載「私のイエスとの出会い」
教皇フランシスコは、「イエスとの出会いから始まったものでなければ、どんなによいことであっても、神の愛は伝えられません」と語りかけます。 私たちは、どのようにイエスと出会っていくのでしょうか。毎月リレー形式で、一人ひとりのイエス、そして信仰との出会いについて分かち合います。
祈りがないと生きていけない 
企画 萩原千加子(カトリック学校教員)

日々の祈りを深めるため、様々な祈りの伝統から学んでいこうとする企画です。朝の祈り、聖霊の助けを願う祈り、アヴェ・マリアの祈り、サルベ・レジナ、アレルヤの祈りなど、カトリック教会に昔から伝わる祈りを見つめます。

継続連載
京・江戸・博多、そして巴里 
南野 森
(しげる)(憲法学者)
イエスと共に東へ、西へ――人生という旅の途上、心に映ったさまざまな景色を綴ります。高校を卒業するまで京都市で暮らし、東京大学法学部・大学院、パリ第十大学大学院で法哲学のコースを学び、日本で法とは何かを教える気鋭の学者の生活に根差した軽妙洒脱なエッセイ。
風よ! 炎よ! 私に言葉を! 
本誌企画委員他によるリレーエッセイ
時代の流れを敏感に感じ取る多士済々の企画委員による、その時々の興味深いカレントトピックスを連載していきます。乞うご期待!

2023年ポスター

年間テーマ
かけがえのないいのちに出会う
<画像のタッチで拡大


オリエンスへのご注文

直接のご注文

●当サイトのご注文フォームから、またはお電話・Faxにてお申し込みください。
  Tel : 03-3322-7601 Fax : 03-3325-5322
●お申し込み受け付け後、郵便局へのお振り込みのご案内をお送りします。郵便局の代金引換サービス(別途、手数料470円がかかります)も承ります。


郵便局からお振り込み

●郵便局に備えつけの「払込取扱票」にてご購読料を下記口座までお振り込みください。ご入金確認後、発送いたします。
  ○口座番号:00170-2-84745
  ○加入者名:オリエンス宗教研究所
  ○ご購読料:1冊あたり7500円(送料・税込)
  ○備考欄:「福音宣教~月号から」とご希望の開始月とともにご明記ください。
       開始希望月のご指定がなければ、最新号からお送りいたします。
●プレゼントの場合は、プレゼント発送先を備考欄にご記入ください。


富士山マガジンサービスからご注文(クレジット・コンビニ払いをご希望の方)

●こちらのバナーをクリックしてご利用ください。 *バックナンバー、特定号のみのご購入も可能です。
  
●富士山マガジンサービスをご利用いただいた場合の返品・取消等は当研究所では承っておりません。直接富士山マガジンサービスへお問い合わせください。

バックナンバー (2006年以前のバックナンバーにつきましては、お問い合わせください)

2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年

バナースペース

オリエンス宗教研究所

〒156-0043
東京都世田谷区松原2-28-5

Tel 03-3322-7601
Fax 03-3325-5322
MAIL